50代で風俗業界に飛び込んだ女性の先見の明に学ぶ!中高年が稼げる求人の見つけ方

これは私の知り合いの50代のマダム(人妻)2人が、子供も自立したことで、働きに出ようと求人を探すことになった話です。1人は普通のパート、もう1人は風俗の仕事を探すことに。その結果…。

風俗の仕事を探すことにした人妻をAさん、普通のアルバイトを探すことにしたマダムをBさん、とします。まずAさんはネットで求人サイトを検索。すると働けそうなお店がズラリと表示され、どこにするか迷ったほど。一方のBさんは求人雑誌(フリーペーパー)で、色々と探すも、なかなか見つかりません。やはり50代という年齢がネックになったようです。そこでBさんは手当たり次第に電話で問い合わせるも、なかなか面接にまで発展せず…。その頃、Aさんはある熟女専門の風俗店の面接を受けており、即採用になったとか。Aさんにおいては、むしろ50代だから採用になったとも言えます。

風俗の求人を見て早速、お店が決まり働き始めたAさん。一方で仕事探しに手こずっているBさん。しかし、やっとBさんにも仕事が見つかり、面接にも受かったとか。工場で夜勤のパートです。正直、夜勤というのがキツイと思ったそうですが背に腹はかえられないと働くことを決意。ところがずっと立ち仕事で、長時間労働となれば50代の人妻Bさんには相当、キツイ。足腰が痛くなり、出勤2日目にして早くも疲労困ぱい。一方、求人で見つけた風俗店で働くAさんも50代ですが、仕事が入るまではテレビや雑誌を見たり、のんびりタイム。仕事が入ればもちろん体を使いますが、長時間の立ち仕事のように足腰が悲鳴をあげるというこにはなりません。しかも、Aさんは自由出勤制なので気が向いた時に働けばいいのです。急用ができたり、生理になると休めます(風俗ならでは)。一方のBさんは急用で休みたくてもシフトの関係で休めないなど、何かと融通がきかず、50代の彼女には辛いことばかり。

このことから分かるように求人を探す際、風俗の仕事から探したAさんは先見の明があるということ。特に昨今はこの風俗業界が人妻や熟女ブームとあって50代の女性を多く求人募集/していることも知っての上。それを知らないBさんは結局、工場での夜勤の仕事がキツくて辞めてしまったそうです。仕事の探し方もアナログ的な雑誌で探すよりも、パソコンやスマホで「50代 求人 地域名」をネット検索すれば即、見つかりますから。

このように50代の中高年の女性、人妻さんが求人を探す時には苦手でもネット検索で調べる方がタイムロスもなく、早く見つけられます。ちなみに上記で「50代 求人 地域名」でネット検索すれば即、見つかりますと言いましたが、これに「風俗」を加えれば、さらに採用確率も上がる職場が速攻で見つかります。この業種なら年齢、容姿を問わず採用してくれるところも多いですよ。しかも高収入を稼げますから!風俗のおシゴトは中高年の女性にとってメリットだらけなのです。