50代以上の女性を求人で欲しがる風俗店の今日の実情

今の風俗店は全国的にみても50代以上の女性が欲しくて求人募集をしているお店が増えています。
では何故、風俗店は求人で50代の女性や人妻を雇いたいのか?まず、単純に需要があるから。世間的にも人妻や熟女といった女性がブームでもあり、若い女の子にはない魅力を豊富に兼ね備えているからです。お店によってはギャル系のお店から成熟した女性の専門店に変更した、という話もよく聞きます。需要と供給のバランスを取るためにも、この世代のコンパニオンが必要だということなんです。
また、需要がある理由には料金形態も関係します。若い女の子の風俗に比べて、50代以上の熟女店は値段が安いところが多いのです。この不景気の煽りを受け、世の男性は少しでも安く遊びたいと思うもの。リーズナブルな料金で、魅力的な成熟した女性と遊べるとなれば業界でこのジャンルが伸びて、求人が増えるのも納得です。
そうなると働く50代の女性や人妻は給料が安いのでは?と考えますよね。確かに高級店や大衆的な風俗店の求人に比べたら給料は安いかもしれません。でも、指名料やオプション代などで稼げますし、普通のパートをするよりも全然、高い額の給料がもらえる訳ですから。それとお店側からすると、この世代のマダムたちは働いてくれる率が高いというのもポイントでしょう。子供は手が離れ、1人の時間、自由になる時間が増えた人や、最近多い熟年離婚で独り身になり、生活費を稼がないといけないという人などなど。こうした女性が集まれば店側は大助かり。やはり店側からすると在籍は多数で、出勤の多い女性がたくさん欲しいのです。こうした実情があるからこそ、どこの風俗店も50代の女性や人妻を求人で欲しがるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です