オンナ30代、風俗の求人で面接に受かる為のちょっとした秘訣、教えます!!

これから風俗の仕事で頑張ろう!と求人を探している30代の女性に、面接で受かる為の些細なポイントを紹介したいと思います。
まずは求人情報から見つけた風俗店に面接に行く時、怠りがちな点から。30代の人ならどんな服装でお店や事務所に向かいますか?今はまだ面接だから…と思って、ジーンズなどのラフでカジュアルなファッションを選ぶのはNGです。お店の採用係の人はそういう点も細かく見てますよ。特にその風俗の職種がデリヘルならなおさら。面接時でもスカートを穿いてヘアメイクもバッチリして、お客さんに会う時のような着飾った、いでたちで行くことが採用にプラスに働くことでしょう。例え求人欄に「面接時はラフな格好でもOK」と表記されていても、スーツや勝負服などでキメて行く方が先方も「さすが30代、わかってるな」と採用へ近づくはずです。

次に風俗の求人で30代の女性が面接の時に気を使わないといけない点、それはベタではありますが話し方や立ち振る舞いです。今更、申し上げることでもありませんが、言葉使いや態度には細心の注意を心掛けましょう。まあ、いいオトナなのですかタメ口で喋ったり、悪態をつくような30代はいないと思いますが…。落ち着いて、丁寧な口調で相手の目をしっかり見ながら話しましょう。もし出来るなら少しオトナ色香を醸し出す仕草(髪をかきあげる仕草など)を出せればなお良し。相手に失礼なく、不快に思わせない立ち振る舞いを心掛けましょう。これはまあ風俗に限らず、一般の求人や面接でも同じことは言えますけどね。

続いて、求人で見つけたお気に入りの風俗店に面接へ出向いた際、30代の女性に気をつけてほしいポイント、それはNGプレイ。オプションも含む様々なプレイが可能か不可能かを尋ねられることがあると思います。この数は極力、少ない方がいいでしょう。もちろん、絶対に出来ないプレイは正直に申告しないといけません。でも、迷うようなプレイは頑張ってOKにする方法が◎。例えば30代の女性がNGかOKか迷いがちなプレイとしてディープキス、アナル舐め、大人のオモチャ、聖水など。出来る限りでいいので頑張ってください。中にはオプションで給料にも反映される訳ですから。せっかく求人で見つけた風俗のお店なのですから採用してもらう為にもヤル気を見せた方がいいですよ。
最後に風俗の求人を探す30代の女性で他のお店に移ろうとしている人もいることでしょう。前の店は暇なだった、給料が少なかった、求人内容と実情が違いすぎた等の理由で他のお店の求人を見て面接に行く30代の女性に1つだけ助言を。それは前のお店の悪口はベラベラと喋らないこと。もちろん、前の風俗店では給料が少なかったとか、人間関係が上手くいかなかったとかを話すくらいはいいでしょう。しかし、不満爆発でお店やスタッフ、女性のことなど、あれこれ悪口を喋りまくるのはやめましょう。そんな女性を面接官は採用したいと思いませんから。 この人を雇ってもし店を辞めたら他でもウチの悪口を言うんだろうな、と思いますから…。
ここまで風俗の求人を探す30代の女性が面接時に必要な項目を色々と紹介してきましたが、少しはお役に立てそうでしょうか。