素人のエロ投稿サイトをの利用者が激増する理由が伺えるリアルな体験談


これは俺があることにハマってしまった話だ。そのハマってしまったコトとは…素人たちによる夫婦生活の投稿である。最初は見る側だったが、次第に自分でもやってみたい、という欲求に駆られるようになっていったのだ…。

元々、俺は素人の夫婦生活の投稿なんて一切、興味なかった。エロ本にしてもAVにしても女優さんの綺麗なカラダや絡みに興奮するタイプだったのだ。ところがある日、たまたま見かけた雑誌が俺の心の奥底に秘めていた新たな欲望を呼び覚ましたのだ。それは昔からよくある素人が自分たちの撮った写真を掲載している投稿系の雑誌である。盗撮や露出などのリアルな写真の数々があったが、中でも赤裸々な夫婦生活を激写した画像に妙な興奮を覚えた。それ以降、どっぷりハマってしまったである。

結婚して5年、嫁さんと俺の関係は良好だった。嫁は元々、かなりのドMで夜の営みともなれば俺のいいなり。何でもする変態だった。そんな嫁だから、恥ずかしい夫婦生活の写真を撮らせて欲しい!という俺の提案に逆らうことはなかった。さらにはその写真を素人系のアダルト本に投稿したい!という提案にも従う従順な嫁である。さっそく嫁を開脚させて局部のアップを撮ったり、性行為をしている場面など連続してシャッターを切りまくり。後日、その生々しい夫婦生活を激写した写真を、素人専門の雑誌編集部に投稿した。

それから約2ヶ月後くらいのこと。俺が投稿した夫婦生活の写真が掲載されているか、その素人系のヤラしい本を購入。すると見事に掲載されてるではないか!とても興奮した。さらにそれを嫁にも見せると、自分のあられもない姿が雑誌に載っていることに恥ずかしがりながらも俺同様、興奮していた。自分の嫁の裸や性行為が雑誌を通じて他の男に見られているかと思うと今まで感じたこともない背徳感と快感で俺は高揚していた。これは嫁を他の男に寝取られる感じにも似たような感覚かもしれない。その時、素人たちが自分たちの夫婦生活を雑誌に投稿する理由が理解できた気がした。

俺は夫婦生活を撮影した写真を素人専門のエッチな雑誌に投稿していたが、それでは満足できず、今度はインターネット上にアップするようになった。さらにエスカレートした俺は写真だけでなく、動画を撮影するまでに。嫁も喜んで撮影に協力してくれた。いや、むしろ嫁の方から積極的に動画の撮影を始めたと言っていいだろう。彼女の中でも何か目覚めたようだ。ちなみに写真も動画も、さすがに嫁の顔は隠してある。で、ビデオカメラを使って嫁の裸体、オナニー、フェラ、露出、性行為などなど収録。そんな夫婦生活を素人専門の投稿サイトにどんどんアップしていくようになったのだ。そして、それをまた嫁と見て興奮していた。そう、俺たち二人の変態度は日に日に強まっていった。

こうして俺も嫁も夫婦生活を素人の投稿サイトや雑誌に写真や動画を載せるのが、やめられなくなってしまったのだ。この先、どこまでエスカレートするのか、自分でも怖くなってきている今日この頃だ…。

再開した人妻の同級生と関係をもち個人撮影にハマった素人リーマン

素人人妻個人撮影画像
俺はとにかくエッチなことが大好きなサラリーマンだ。そんな俺が欲求を満たす方法はスマホでエロ動画を見ながらシコシコすることくらい。見るジャンルとしては人妻や熟女モノ。それも素人が個人撮影したようなヤツが一番お気に入りだ。

ある平日の昼、営業車を公園の木陰に止めて、ひと休みすることに。いつものようにスマホでアダルト動画を見ることにした。もちろん、素人の人妻や熟女たちが個人撮影されたドスケベな動画である。やはり、個人撮影された生々しい映像は興奮する。それもプロの女優でなく、素人の人妻や熟女が演技なしに乱れている様子に欲情するのである。

そんな素人の人妻や熟女たちの個人撮影モノをスマホで見てたらオシッコに行きたくなり、公園のトイレへ向かった。昼間の公園は子供連れのお母様たちがいたりして、つい視線を奪われる。そんな奥様を見て「あぁ、こんな素敵な人妻や、素人の熟女と淫らな動画を個人撮影してみてえ~なぁ~」なんて妄想をしながら、半ダチ状態で用を足した。

トイレを出て、素人の人妻や熟女と個人撮影なんか出来ないかな~と想像しながら車に戻ろうとしたときだった。1人の奥さんが俺の方に向かって走ってくる。ん?一体なんだ?その女性は俺の前で「やっぱり◯◯くんだ!ほら、私、中学の時、同じクラスだった…」俺はハッとした。「あっ!もしかして白石?(仮名)」すると「そう、今は結婚して橋本(仮名)だけどね」と笑顔の彼女。そう、中学の同級生だったのだ。昔は地味な女の子だったが、いま現在は綺麗な人妻である。いや、年齢的には熟女か。久々の再会だというのに助平な俺は彼女をヤラしい目で見つつ、「こんな素人と個人撮影してぇ~な~」なんて心の中で思う最低野郎だ。

中学の同級生との久々の再会で盛り上がり、しばらく立ち話をした。彼女は今、旦那と別れてシングルマザーなのだとか。色々、悩みを抱えているようで、とにかく人に話を聞いて欲しいらしい。連絡先を教えてくれと彼女の方から言ってきたので俺に拒む理由はない。電話番号を交換する際、先ほど見ていた素人の人妻や熟女モノの個人撮影された動画がスマホの画面上に残ったままで、それを彼女に見られそうになり、少し焦った。で、連絡先を交換し、その場は別れたが、また会って話を聞いて欲しいとのこと。俺は「いつでも!」と快諾。しかし、こころ中ではヤラしい動画を素人の人妻の個人撮影できるかも…などと、よからぬことを企てていた。俺は偽善者で変態のサイテー男だ。

それから彼女とは頻繁に会うようになり、その度に愚痴や悩みを聞き、相談にも乗った。完全に俺を信用している。そこで俺も彼女に相談した。そう、性癖のことを。素人の人妻や熟女の動画、それも個人撮影されたのを見るのが好きで、どうしても自分で撮ってみたいという願望があることも告白した。色々、親切にしてくれた俺へのお礼なのか、彼女はセックスしているところをビデオで撮ってもいいと!ただし顔出しNGだけど。それでもありがたき幸せ!なんか一生分のツキを全て使ったような気がするが、とにかく超ラッキーだった!

解らない人にはただのゴミでも素人人妻熟女限定のフェチがいるという事実

素人人妻熟女画像
人にはそれぞれ趣味趣向といものがあります。それは性に関することも同じ。例えば女性の体の中で好きな部位とか、色んなフェチがあるでしょう。僕はオッパイ、お尻、美脚はたまた下着にパンストなどなど沢山あります。ただ、対象は素人の人妻さんや熟女さんに限定されます。若い女性や玄人は対象外なんです。

そんな僕のフェチに関するエピソードを体験談を交えて話したいと思います。まずオッパイ。やはり、人妻のオッパイはいいですね。それもプロのAV女優さんのような形の良い綺麗なバストでなく、素人ならではの柔らかそうな少し垂れ気味の熟女っぽい乳房がいいんです!正直、大きさは関係ありません。先日、風俗で出会った人妻さんのバストは最高でした。Dカップの少し垂れ気味のオッパイで乳首が黒くて長いんです。この熟女らしさ全開のチクビがいいんです。この女性が素人だったら尚、良かったんですけどね。オッパイ好きというより、乳首フェチなのかもしれませんね。

それから女性のお尻。街行く素人の女性のお尻をつい目で追ってしまいます。ここでもやっぱり人妻や熟女の少し垂れた大きなヒップが好きなんです。完全なる尻フェチなんですよ。先日も大型スーパーに買い物に行った時、階段を登る素人の人妻が目の前にいたんです。タイトなパンツを穿いた女性だったのですが、熟女らしい大きなヒップで、尻肉をプリンプリンさせながら階段を登ってるものだから尻フェチな僕は思わずガン見ですよ。この尻に顔面騎乗されたい!と心底、思いましたね。

それと脚も大好きです。脚フェチな人って細くて長い美脚が好きという人が大半でしょうが、僕は少し違います。素人の人妻や熟女さんのような少し太めの脚に興奮するんです。先日も人妻系のデリヘルを利用した時のこと(素人が好きと言いながらプロの女性にお世話になってばかりいます…)、ややポッチャリした熟女さんがお相手してくれたのですが、その方の肉付きのいい脚にパンストを着用してもらい、顔をスリスリしたり、舐めたり、色んなトコロを踏んでもらったりと脚フェチには至福の時間を過ごさせてもらいました。

最後にもう一つ、僕にはフェチがあるんです。それはムダ毛。そう、人妻さんや熟女さんの処理を怠ったムダ毛に興奮するんです。プロの方はキッチリ処理されてますが、素人の女性って毛の処理が甘かったりするじゃないですか。それがいいんです。先日も某レンタル店で、ノースリーブの人妻さんが棚の高い場所にあるDVDを取ろうとして腋が全開になったんです。その腋が処理が甘くてジョリジョリに青いんです。臭ってきそうなジョリ脇に大興奮しましたよ。腋に限らず、腕、脚、Vゾーンなど、あらゆるムダ毛に興奮しますね。素人の熟女さんに見られがちなムダ毛が大好きなんです。ムダ毛フェチなんです、僕は!

このように僕の変態的なフェチについて体験談も交えてお話させてもらいました。何度も言いますが胸、お尻、脚、ムダ毛、これらは素人の人妻や熟女のものであることが一番好ましいです!

素人の人妻熟女のエロ画像を50年余り収集して続けたおじさんの裏話

人妻(熟女)パンスト画像
世の中には様々な物を集めるコレクターの方がいらっしゃいます。僕もその1人、ある物の収集をもう20年以上もしております。それは何かと申しますと…人妻や熟女のエッチな画像を集めることです。でも、これにはこだわりがあって絶対に素人であることなんです。

ネットなどで人妻や熟女の裸やエロい画像を探すの簡単なことです。しかし、そこに素人限定という縛りを持たせると、なかなか難しいものです。つい先日もネットサーフィンしてると、かなり美人な人妻さんのエロい画像を発見したんです。すぐさま保存ですよ。大満足してたのですが、実はその女性が有名メーカーの熟女モノのAVに出てること知り、ショックで寝込みましたよ…。僕の収集の掟である「素人」ということを破られたのですから。こういうことがあるので、なかなか玄人じゃない女性の写真だけを集めるというのは容易ではないんです。

そんな素人にこだわる僕ですが、その人妻や熟女の画像を集めてどうするのか?って思う人もいるでしょう。単に画像を見返してニヤニヤすることもあれば、それをオカズに手淫することもあります。はたまた、人妻専門のデリヘルに行く前、これを見てから気分を高めておいて遊びに行くということもありますね。え?風俗で相手してもらう熟女は玄人じゃないかって?確かにそうですね。だから僕が遊ぶ時は業界未経験の完全な素人の新人さんが入店した時しか利用しませんよ。まあ、そんな女性には、なかなかお目にかかれませんけどね…。

それから僕なりの楽しみ方がもう一つ。集めた熟女のヤラしい画像を目に焼き付けておいて街に出掛けるんです。そこで気になる素人の美人な人妻を見つけては、「この女性も夜になれば、さっき見たエロ画像のような淫らなことをしてるんだ…」と妄想するんです。これが興奮するんです。元々、妄想族なんで、これで満足できちゃうタイプなんですね。街行く素人の人妻も熟女もみんな影では淫らなことをしてるんだ…って思うとムラムラしてきますよ。もちろん、彼女たちを盗撮するなんてことはしませんよ、犯罪ですから!

そんな僕が意を決して「本物の人妻さんのエロい写真が撮りたい!素人の熟女さんのエロ画像を撮りたい!」と思ったのです。そこで久しぶりにテレクラへ行き、一般女性をゲットしようと一大決心。お店に入り、様々な女性と話すものの会えそうな女性と繋がらない。そこへ、待望のコールが!49歳の熟女だが、お小遣いをくれたらエロい写真を撮ってもいいと!すぐに交渉成立。一時間後、某所で待ち合わせ、ホテルへ。そこで性行為はしなかっなものの、僕の一眼レフカメラのシャッターが火を吹いた。少しポッチャリはしていましたが、妙にエロいボディで興奮しました。丸見えの恥ずかしいポーズを連写しまくり!やった、本物の人妻、それも完璧なる素人の淫らな画像を自らの手でゲットだぜ!こうして正真正銘、本物の素人で人妻のエロい画像を入手できました。しかし、これが終わりではありません、むしろ始まりです。これからも熟女のヤラしい写真をもっともっとコレクションしていきますよ!