エロ動画なんてタダで見れる時代に素人人妻ものを金払ってもでも見たほうがいいたくさんの理由

素人人妻熟女動画サンプル画像
俺の趣味は何か尋ねられたら表向きには「ゴルフや野球観戦」などと、当たり障りのない答えをしているが、本当の趣味は熟女のエロい動画を見ることだ。それも素人モノの無修正のヤツと決まっている。これは誰も知らない趣味なのだ。

そんな俺の趣味を唯一、知っている人間が1人だけいる。それは俺の友人A(学生時代からの腐れ縁)だ。彼もまた、素人の熟女が出ている無修正の動画を見るのが三度の飯より好きなのだ。実のところ、俺よりも、こうした熟女系の動画に関してはかなり詳しいのだ。とても素人とは思えない、もはやプロ?と思えるほどのツウである。いやいや、裏で実は自分で無修正のムービーを撮影してるのでは?と思えるほど相当な猛者である。

そんな素人の動画を愛する友人Aを俺は「無修正の鬼」とか「熟女キラー」といったアダ名で呼んでいる。俺はその友人Aからいつも素人の熟女が出ている無修正の動画が見られるサイトを教えてもらったり、DVDを貰ったりしているのだ。そう、大変お世話になっている大切な友人である。そんな彼から電話が入った。しかも、かなり興奮している。この様子から何を言わんとしているか、容易に想像できた。

友人Aは鼻息を荒くして電話してきた内容はこうだった。「これまで数々の動画を見てきたが、熟女の素人モノで、こんなに素晴らしい無修正の作品は見たことがない!」という内容だった。どうやら、彼が追い求めていた作品にようやく出会えたようだ。彼は「この後、すぐにアドレスを送るから見てみろ!」と興奮気味に言ってきた。その興奮ぶりからして、かなりの動画なんだと思った。よほどの素人ぶり、熟女らしさ、無修正でありながら高画質、といったすべての条件が揃った傑作なのだろうと。

俺は友人Aから送られてきたアドレスをクリックして、すぐさまスマホでそのサイトをチェック。動画が始まると、そこには見事な美貌を携えた熟女が登場!確かに美人ではあるがAV女優や風俗嬢とは思えない素人感がしっかり出ている。まずは自慰行為のシーンだが、確かに無修正で高画質なのでバッチリ丸見えだ。俺はこの時点で、もう大満足だった。しかし、ここからが色んな意味で本番だった。旦那なのか、愛人なのか、男が出てきてハメ撮りになる。しかし、これがいかにも素人が撮影するエロ動画の感じがして絶妙にカメラアングルでいい。下手ではあるが、結合部分など、無修正として押さえるシーンは押さえており、かなりヌケる構成だ。熟女とは思えぬ綺麗な色白の身体が紅潮してゆくのがわかる。演技でない、本当の乱れっぷりだ。最後は中出しという、これ以上ない素晴らしい動画だった。友人Aが興奮するのも無理はないと思った。

今回、友人Aに教えてもらった無修正の動画は素人らしさ、熟女の良さが全面に出た、まさに名作と呼ぶに相応しいものだった。こんな作品に出会えるからこそ、俺はこの趣味をやめることができないのである。

素人のエロ投稿サイトをの利用者が激増する理由が伺えるリアルな体験談


これは俺があることにハマってしまった話だ。そのハマってしまったコトとは…素人たちによる夫婦生活の投稿である。最初は見る側だったが、次第に自分でもやってみたい、という欲求に駆られるようになっていったのだ…。

元々、俺は素人の夫婦生活の投稿なんて一切、興味なかった。エロ本にしてもAVにしても女優さんの綺麗なカラダや絡みに興奮するタイプだったのだ。ところがある日、たまたま見かけた雑誌が俺の心の奥底に秘めていた新たな欲望を呼び覚ましたのだ。それは昔からよくある素人が自分たちの撮った写真を掲載している投稿系の雑誌である。盗撮や露出などのリアルな写真の数々があったが、中でも赤裸々な夫婦生活を激写した画像に妙な興奮を覚えた。それ以降、どっぷりハマってしまったである。

結婚して5年、嫁さんと俺の関係は良好だった。嫁は元々、かなりのドMで夜の営みともなれば俺のいいなり。何でもする変態だった。そんな嫁だから、恥ずかしい夫婦生活の写真を撮らせて欲しい!という俺の提案に逆らうことはなかった。さらにはその写真を素人系のアダルト本に投稿したい!という提案にも従う従順な嫁である。さっそく嫁を開脚させて局部のアップを撮ったり、性行為をしている場面など連続してシャッターを切りまくり。後日、その生々しい夫婦生活を激写した写真を、素人専門の雑誌編集部に投稿した。

それから約2ヶ月後くらいのこと。俺が投稿した夫婦生活の写真が掲載されているか、その素人系のヤラしい本を購入。すると見事に掲載されてるではないか!とても興奮した。さらにそれを嫁にも見せると、自分のあられもない姿が雑誌に載っていることに恥ずかしがりながらも俺同様、興奮していた。自分の嫁の裸や性行為が雑誌を通じて他の男に見られているかと思うと今まで感じたこともない背徳感と快感で俺は高揚していた。これは嫁を他の男に寝取られる感じにも似たような感覚かもしれない。その時、素人たちが自分たちの夫婦生活を雑誌に投稿する理由が理解できた気がした。

俺は夫婦生活を撮影した写真を素人専門のエッチな雑誌に投稿していたが、それでは満足できず、今度はインターネット上にアップするようになった。さらにエスカレートした俺は写真だけでなく、動画を撮影するまでに。嫁も喜んで撮影に協力してくれた。いや、むしろ嫁の方から積極的に動画の撮影を始めたと言っていいだろう。彼女の中でも何か目覚めたようだ。ちなみに写真も動画も、さすがに嫁の顔は隠してある。で、ビデオカメラを使って嫁の裸体、オナニー、フェラ、露出、性行為などなど収録。そんな夫婦生活を素人専門の投稿サイトにどんどんアップしていくようになったのだ。そして、それをまた嫁と見て興奮していた。そう、俺たち二人の変態度は日に日に強まっていった。

こうして俺も嫁も夫婦生活を素人の投稿サイトや雑誌に写真や動画を載せるのが、やめられなくなってしまったのだ。この先、どこまでエスカレートするのか、自分でも怖くなってきている今日この頃だ…。

再開した人妻の同級生と関係をもち個人撮影にハマった素人リーマン

素人人妻個人撮影画像
俺はとにかくエッチなことが大好きなサラリーマンだ。そんな俺が欲求を満たす方法はスマホでエロ動画を見ながらシコシコすることくらい。見るジャンルとしては人妻や熟女モノ。それも素人が個人撮影したようなヤツが一番お気に入りだ。

ある平日の昼、営業車を公園の木陰に止めて、ひと休みすることに。いつものようにスマホでアダルト動画を見ることにした。もちろん、素人の人妻や熟女たちが個人撮影されたドスケベな動画である。やはり、個人撮影された生々しい映像は興奮する。それもプロの女優でなく、素人の人妻や熟女が演技なしに乱れている様子に欲情するのである。

そんな素人の人妻や熟女たちの個人撮影モノをスマホで見てたらオシッコに行きたくなり、公園のトイレへ向かった。昼間の公園は子供連れのお母様たちがいたりして、つい視線を奪われる。そんな奥様を見て「あぁ、こんな素敵な人妻や、素人の熟女と淫らな動画を個人撮影してみてえ~なぁ~」なんて妄想をしながら、半ダチ状態で用を足した。

トイレを出て、素人の人妻や熟女と個人撮影なんか出来ないかな~と想像しながら車に戻ろうとしたときだった。1人の奥さんが俺の方に向かって走ってくる。ん?一体なんだ?その女性は俺の前で「やっぱり◯◯くんだ!ほら、私、中学の時、同じクラスだった…」俺はハッとした。「あっ!もしかして白石?(仮名)」すると「そう、今は結婚して橋本(仮名)だけどね」と笑顔の彼女。そう、中学の同級生だったのだ。昔は地味な女の子だったが、いま現在は綺麗な人妻である。いや、年齢的には熟女か。久々の再会だというのに助平な俺は彼女をヤラしい目で見つつ、「こんな素人と個人撮影してぇ~な~」なんて心の中で思う最低野郎だ。

中学の同級生との久々の再会で盛り上がり、しばらく立ち話をした。彼女は今、旦那と別れてシングルマザーなのだとか。色々、悩みを抱えているようで、とにかく人に話を聞いて欲しいらしい。連絡先を教えてくれと彼女の方から言ってきたので俺に拒む理由はない。電話番号を交換する際、先ほど見ていた素人の人妻や熟女モノの個人撮影された動画がスマホの画面上に残ったままで、それを彼女に見られそうになり、少し焦った。で、連絡先を交換し、その場は別れたが、また会って話を聞いて欲しいとのこと。俺は「いつでも!」と快諾。しかし、こころ中ではヤラしい動画を素人の人妻の個人撮影できるかも…などと、よからぬことを企てていた。俺は偽善者で変態のサイテー男だ。

それから彼女とは頻繁に会うようになり、その度に愚痴や悩みを聞き、相談にも乗った。完全に俺を信用している。そこで俺も彼女に相談した。そう、性癖のことを。素人の人妻や熟女の動画、それも個人撮影されたのを見るのが好きで、どうしても自分で撮ってみたいという願望があることも告白した。色々、親切にしてくれた俺へのお礼なのか、彼女はセックスしているところをビデオで撮ってもいいと!ただし顔出しNGだけど。それでもありがたき幸せ!なんか一生分のツキを全て使ったような気がするが、とにかく超ラッキーだった!